コラーゲンガイドブック > コラーゲンとは

コラーゲンガイドブック

コラーゲンとは

人間はコラーゲンを体内につねにもっています。そして、コラーゲンは体内だけでなく人間が生活する上でによく利用されてます。コラーゲンは主成分がゼラチンで、化粧品や医薬品に多方面で利用されています。コラーゲンを多く含む健康食品が皮膚のはりを保ったりと保湿剤であったりとして用いられています。また、関節の痛みを改善するいわれて使用したりします。保湿剤の目的は皮膚の水分蒸発をおさえて、肌全体に潤いの効果を期待しますが、実は皮膚の中に吸収利用されるのはありえないそうです。それを聞くとショックですね。でも、美肌があると女性は信じたいです。たとえ少しでも影響があれば摂取したいです。健康で美しくありたいと思うのは誰もが願うことです。コラーゲンを含む食品は肉類は皮、軟骨、骨スジ、鶏皮、鶏軟骨。また魚類は皮、骨さけ、うなぎ、あんこうゼラチンが含んで、コラーゲンも多くあります。ただ一方でこのコラーゲンを摂取するとコラーゲンがペプチドの形で吸収されるといわれて美肌効果があるとされる意見も最近でてきています。ペプチドとはアミノ酸が複数結合したものだといわれて、このペプチドがコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを作る細胞の促進するとされています。このペプチドが体内に吸収されることで活性化される可能性が高いらしいのです。アミノ酸ペプチドは傷の修復が促進されるという考えもあり、コラーゲンは効果があるとされる意見もあるというなら、信じて摂取したいですね。